FC2ブログ

TOP

こんにちは ご覧頂き有難うございます 

こちらは管理人が気まぐれ・適当・そして痛々しく書くブログです。

 暇な時に見て下さい。
 


どんな人か

・趣味・興味

 旅行、飛行機、鉄道、写真、地理、艦船、アニメ、聖地巡礼、アニメイト巡り 他 

ミーハー 熱しやすく冷めやすい 薄く広い(おでこではない)


・特技

 白黒フィルムの現像 センター試験の地理



飛行機 

・好きな機種

 MD-11,DC-10,Boeing 747,MD-90,YS-11,US-2,TSR.2 

・好きなエアライン

 JAL peach


二次元 

・アニメ

 ストライクウィッチーズ ストラトス・フォー ガルパン かんなぎ Steins;Gate 

 よく聖地に行く 。

・ゲーム

 ぼくのなつやすみ1,2,3,4 、艦隊これくしょん 

 ぼくなつ2が特に好きです。


鉄道 

・会社 

 JR北海道・西日本、台湾鉄路管理局、日本国有鉄道

最近の北海道は新幹線に一極集中で面白くないです。 

国鉄に関しては日本全国を網羅した路線網と長距離運用に惹かれています。

 

・車両

 キハ110系、485系、583系、Class373


・列車

 急行高千穂・桜島、急行鳥海、北斗星

時刻表上でなら過去の列車も現役


・乗りつぶし

 JR北海道:83.374%(NEW:北海道新幹線)

 JR東日本:90.456%(NEW:気仙沼線BRT)

 JR東海:79.181%(NEW:太多線)

 JR西日本:69.516%(NEW:山陰本線)

 JR四国:81.396%(NEW:高徳線

 JR九州:53.986%(NEW:筑豊本線)

 旅客会社合計:78.703% 15564.7km

  残り:21.297% 4211.7km


好きな作家

 宮脇俊三・犬村小六・内田幹樹

  宮脇俊三の「時刻表2万キロ」「最長片道切符の旅」「時刻表昭和史」の三作が特に好きです。

  犬村小六のとある飛空士への追憶ととある飛空士への誓約9巻が好きです。


よく聴く曲

 ・アニソン

  1st priority<ストラトス・フォー>

  STRIKE WICHES ~わたしにできること~

  STRIKE WICHES2 ~笑顔の魔法~

  ストライカーの飛翔(501再結成) ウィッチの斗い

   以上ストライクウィッチーズ

  LITTLE WING ~Spirit of LINDBERG~<ブレイブウィッチーズ>原曲もよく聴く

  When Johnny Comes Marching Home<ガルパン>アニソンではないと思う


 ・鉄道関連

  鉄道唱歌

  満鉄社歌 浪漫鉄道 鉄道精神の歌

  大いなる旅路


 ・映画・ドラマ・ゲームなどの曲

  Breaking The Sound Barrier<ライトスタッフ>

  地上の星 ヘッドライト・テールライト<NHK プロジェクトX>

  パリは燃えているか<NHK 映像の世紀>

  No Doubt Ride On Time Depature pop70.<TBS GOOD LUCK!!>

  組曲サンダーバード 第7楽章<サンダーバード>

  baba yetu<Civ4>

  Sogno di Volare,A New Course<Civ6>

  少年時代<ぼくのなつやすみ2>


・いろいろ

  惑星-木星(ホルスト)

  心の旅(チューリップ)

  岬めぐり(山本コウタローとウィークエンド)

  信濃の国(長野県民歌


音楽も本もつまみ食いです。気に入ったものを聴いたり、読んだりしています。 


・いったことある国

 日本(ぜんぶ)

 台湾<中華民国>(台北・高雄・台中・台東)

 中国(深圳)

 香港

 アメリカ(ワシントンD.C.・シアトル)

 イギリス(ロンドン)

 フランス(パリ・ベルサイユ)

 ポルトガル(リスボン・ロカ岬)

 チュニジア(チュニス)


・いったことない国

 他多数 

・いきたい国・地域

 樺太、キューバ、ロシア、北の国、チベット 



諸注意 画像の転載はおやめ下さい


(最終更新 2018年10月13日 鉄道の日の前日)

スポンサーサイト

2018 10 7 横須賀

横須賀に行ってきました。
この日は停泊している艦が多く面白い日でした。
「しらせ」は、これを書いている頃にはもうかなり南極に近づいていると思いますが、この時はまだ横須賀にいました。「こんごう」を横須賀で見るのも久しぶり。
また、「ちよだ」は艦が新しくなってから初めて見ました。
はたかぜ こんごう

みんな大好き「しらせ」

しらせは艦首が丸いのが良いですね。元気に南極の氷を割っていることでしょう。

JAMSTECの海底広域研究船「かいめい」
海底資源の探索や調査を行う船で、2016年引き渡しと新しい。
JAMSTECは面白い船を持っているので好きです。
見学行きたいなと思っているのですが、なかなか予定が合わない。

てるづき

水道から 

うらが

むらさめ

あきづき
あきづき型が2隻いるいい日

逆光

久し振りに遊覧船乗った。おしまい。
DD-101,111,115,116,152(むらさめ、おおなみ、あきづき、てるづき、やまぎり)
DDG-171,173(はたかぜ、こんごう)
ASR-404(ちよだ)
AOE-422(とわだ) MST-463(うらが) MSC-605(ちちじま) AMS-4305(えんしゅう) AGS-5104(わかさ) AGS-5105(にちなん) ASE-6102(あすか) 
AGB-5003(しらせ)

2018 9 18 深圳 Part1

この日は深圳から香港に鉄道で向かいました。

その前に深圳観光。

深圳と言えば何といっても電気街、そして中国のIT企業の本社ですからそれを見て行きます。

その前に朝食。ホテルのバイキング。

IMG_2407.jpg 
ビーフンが美味かった。小籠包みたいなの(包子かもしれない)は固かった。


IMG_2408.jpg
寿司があった。ブタさんかわいい。

IMG_2409.jpg
拉麺

IMG_2410.jpg
謎の1枚

IMG_2412.jpg 
ちなみに部屋からの景色

IMG_2418_00001_01.jpg 
台風でもげた木の根っこ

HTCの建物の一角
IMG_2422.jpg 


テンセント(騰訊)の本社
IMG_2424_00002.jpg 
中から出て来た社員が皆若いのが印象的だった。
設立20年の会社であるから必然ではあるのだが、世界最大のゲーム会社がここまで若い人で構成されているのは、大企業はおじさんがいっぱいいる国の人間から見るとやはり違うんだなあ~と思うものがあった。

そもそも、深圳という都市全体で見ても若い人だらけで高齢者を見かけた記憶がない。


この後タクシーで華強電子世界へ。
この日乗ったタクシーも電気自動車。

IMG_2427.jpg 

IMG_2428.jpg 

深圳の街並み 超高層ビルがいっぱい。デザインが結構よい。


華強電子世界
IMG_2432_00004.jpg 


IMG_2433.jpg 
うにょーん

2つ建物があり、写真に写っている方は想像する電気街。
色んな電気部品が売られている。5階くらいまであって真面目に見るとかなり時間がかかる。秋葉原の電気街の店をまとめたイメージ。ただ、狭苦しいわけではなく違法建築感はない。

奥にある建物はスマホのアクセサリーなどを扱う問屋外で、すさまじい種類・数のスマホケースが並べられている。

電子ペーパーのメモ帳を見つけて良いなあと見ていたら店員さんに話しかけられる。
話していたら日本人か?と聞かれ、少しビビりつつ(歴史的に敏感な日だったため)日本人と答えると値引きしてくれた。
深圳は比較的ニュートラルな土地なのかなあと考えつつ購入。


隣接するセブンイレブンで買ったもの。

IMG_2429.jpg 
サンキストの萌えキャラ

IMG_2431.jpg
レッドブル の、ローヤルゼリーみたいな味する飲料 紅牛


IMG_2439.jpg 
これもセブンイレブンで見かけたもの。
八九式中戦車がラインナップに入ってるけど大丈夫なのかなあ~と少しびくつく。


この後、香港へ向かう。

2018/11/23 甘味処 郷 カレー 胡麻ぜんざい

仙台駅の近くにある甘味処 郷に行ってきた。
ちなみに郷は「ふるさと」と読む。
この店は「白松がモナカ」でお馴染みの城間がやっているお店で、この店舗も白松の店の2階にある。

S-styleという仙台の情報誌を読んでいたところ、海軍カレーを再現したものを出す店が仙台にあると知り、そのうち行こうと思っていた。
どこかと思えば白松で驚いた。2代目の会長が海軍時代に食べたものの再現だとか。

1階の白松の店に入ると、カレーの良い匂いがもう漂ってくる。
きつめの香辛料ではなく、優しい母の味を思い出すあのカレーの匂い。カレーが出る日の夕方のキッチンと言えば想像できるだろうか。

早い時間だったこともあって客は自分らだけであった。後から徐々に増えて帰る頃には割と埋まっていた。こじんまりとしたお店で静かで良い。


注文はカレー(大盛り)と胡麻ぜんざい。


カレーは匂い通りの優しい味で、大きなジャガイモがゴロゴロと入った食べ応えのあるものであった。値段の話はあまりしないが、大盛りで600円であり大変ボリュームがあるものである。デフォルトでも550円であり、かなりお得な気がする。

カレー(大盛り)
20181124170200332.jpeg



胡麻ぜんざい
2018112417021238c.jpeg

胡麻ぜんざいは甘味処とだけあって大変美味しかった。
昆布茶と梅肉のカリカリしたものも一緒に出てきた。
胡麻餡が大変濃厚で甘く、贅沢してる〜という気分になる。
餅は外はカリカリっとして、中はとろっとしているもので美味しい。

餡が甘いので、昆布茶と梅の塩っけが嬉しかった。

お腹いっぱいになった。ちなみに胡麻ぜんざいは550円である。これだけ食べて1000円ちょっとだから幸せ。

また行きたいと思う。

最近のこと色々

広く浅く人間なもので、深いことは書けません。

今回もうだうだと関係ないことを並べていきます。



Civ5とCiv6を買いました。
まず、Civ4を1年ほど前に買い何度か夜の無い生活を送りました。
ネットには気づいたら夜が明けてたなどと書いてあって、馬鹿にしていましたが実際に夜が明けていたことが何度かあります。悔しいですが事実です。
時間を忘れすぎるので距離を置くようにしましたが、ちょくちょくやってました。

で、先日SteamでCiv5,Civ6セールが行われており迷う訳です。
自分はCiv6のメインテーマが好きなのですが、目覚ましにするくらいなのにゲーム本体をプレイしないのはいかがなものか?とずっと悩んでおり、買おうかと思ったわけです。
Civは完全場が出てから買うのが賢いと言われており、完全版でない"素"のCiv6を買うのはな~と思う自分と、元ネタも知らないのにその曲を好きですと言って良いのか?と思う厄介なオタクの自分が長い間戦闘中でした。
たまたま聞いて好きになったアニソンはあるけど、そのアニメ見てないから黙ってることありませんか?僕は沢山あります。好きなものは好きと言って良いとは思いますが、オタクとは厄介なものです。

Chiristopher Tin 『Sogno di Volare』

レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉に「For once you have tasted flight you will walk the earth with your eyes turned skywards, for there you have been and there you will long to return.」(一度空飛ぶとハマってまた飛びたいと思う(意訳))というものがあるのですが、これをテーマにした曲。

作曲者のChiristopher TinはCiv4のテーマ『baba yetu』も作曲。

レオナルド・ダ・ヴィンチは結局航空機を完成させるには至りませんでしたが、航空の歴史を語る時はまずレオナルドからの場合が多いと思います。500年前の時点で空飛びたいな~と思って上の格言を残した時点でやはりただモノではありません。実際空飛ぶのは癖になりますね、今の時代は誰でも飛べるんだぜと自慢してやりたいぐらいです。


ところで、航空に関係する人で一番好きなのはリリエンタールなのですが、それはいつか書きたいと思います。


ちなみにOPムービーで流れるのはちょっと違う。

Chiristopher Tin 『A New Course』




せっかくChiristopher Tinさんの話なので、前から書きたかったことを書くことにします。
彼の曲に『Mado Kara Mieru』という曲があります。

Chiristopher Tin 『Mado Kara Mieru』


この曲は色々と面白くて、まず歌っているのがLiaさん(Angel Beats!のOP)と多田葵さん(おなじくAngel Beats!のED)と大村香織さん。この曲は『baba yetu』が収録されているアルバムの中の1曲なのですが、全く関係ないジャンルの曲を聴いているときにアニソンで聴き慣れたLiaさんと多田さんの声が流れてきて驚いた訳です。
この曲中の「余命いくばくかある」のところのメロディが『baba yetu』の間奏と同じなのも面白い。
そして、「余命いくばくかある」でなんとなーく分かりますが、多分正岡子規に関しての歌詞でしょう。ホトトギスなんか特に正岡子規と深い関係がありますし(子規という言葉の意味はホトトギと今知った)、歌詞も子規の俳句から引用している。
俳句は分かりませんが、正岡子規は個人的に好きなので良いなあと思った次第。
窓から見える春夏秋冬といった歌詞なので、病で家から出れず窓から外の景色を眺める子規が思い浮かびます。
以上の解釈は勝手な妄想で、この曲が何を言いたいかは動画の概要欄にキチンと書いてあります。
死のみに限らず、1年と人生全体を重ね合わせた感じ。
ただ、正岡子規が関わるのは確かでしょう。作詞も作曲者本人かどうかは分かりませんが、他国の文化なのにすごいなあと思いました。まる。ダブルメジャーで英語文学も専攻したそうなので俳句に理解があるのも無理はないかもしれません。

以上、専門家でも何でもないオタクの妄想なので違ってたり突っ込みは勘弁してください。


で話をそんなものあったかどうかも分からない"元"に戻すと、結局オタクな自分に負けてCiv6を買いました。
チュートリアルの声が東山奈央さんだし、格言読み上げるのが鈴村健一さんなのが面白かったです。

ここで、せっかく安いのだからCiv5も買ってしまおうと言う自分が現れます。なんて欲深いのでしょう。

それでCiv5も買いました。が、まだやってません。
どうやら、Civ5でイギリスのエリザベス女王をぽちっと押して外交画面になると音楽が流れるのですが、この音楽が『I Vow to Thee,My Country』というもので、イギリスの愛国歌だそうです。
作曲が『惑星』のホルストで、面白いのが『I Vow to Thee,My Country』の途中からメロディが「木星」の有名な部分と全く同じ。どうも忙しかったからそのまま転用したそうですが、結構合う。それを知ったのが昨日の朝で、ハマって聞いている訳です。


他にもあった気はしますが、三歩歩いたら忘れたのでここまでにします。

それではまた。
プロフィール

オカ鷹

Author:オカ鷹
飛行機や鉄道などが好きな男。
旅してる時が一番幸せです。
写真撮ったり、アニメ見たり、昔の時刻表眺めてます。

最新記事
月別アーカイブ
閲覧数
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR