スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

いらっしゃいませ 当ブログをご覧頂き有難うございます 

当ブログは管理人が、気まぐれで、適当に、そして痛々しく書くブログです。

 暇な時に見て下さい。
 


どんな人か

・趣味・興味

 旅行、飛行機、鉄道、写真、地理、艦船、アニメ、聖地巡礼(アニメイト巡りを含む) 他多数 

ミーハー 熱しやすく冷めやすい 薄く広い(趣味の話)


・特技

 白黒フィルムの現像が出来る 他にはない



飛行機 

・好きな機種

 MD-11,DC-10,Boeing 747,MD-90,YS-11,US-2,TSR.2 

・好きなエアライン

 JAL peach


二次元 

・アニメ

 ストライクウィッチーズ ストラトス・フォー ガルパン かんなぎ Steins;Gate 

 よく聖地に行く 。

・ゲーム

 ぼくのなつやすみ1,2,3,4 、艦隊これくしょん 

"ぼくのなつやすみ"にはずいぶん影響受けました。2が特に好きです。


鉄道 

・会社 

 JR北海道・西日本、台湾鉄路管理局、日本国有鉄道

最近の北海道は新幹線に一極集中で面白くないです。 

国鉄に関しては日本全国を網羅した路線網と長距離運用に惹かれています。

 

・車両

 キハ110系、485系、583系、Class373


・列車

 急行高千穂・桜島、急行鳥海、北斗星

時刻表上でなら過去の列車も現役


・乗りつぶし

 JR北海道:77.335%(NEW:北海道新幹線)

 JR東日本:83.446%(NEW:仙石線)

 JR東海:79.181%(NEW:太多線)

 JR西日本:57.371%(NEW:おおさか東線)

 JR四国:81.396%(NEW:高徳線)

 JR九州:20.502%(NEW:山陽本線)

 旅客会社合計:68.454% 13611.7km
 

 

好きな作家

 宮脇俊三・犬村小六・内田幹樹

  宮脇俊三の「時刻表2万キロ」「最長片道切符の旅」「時刻表昭和史」の三作が特に好きです。

  犬村小六のとある飛空士への追憶ととある飛空士への誓約9巻が好きです。


よく聴く曲

 ・アニソン

  1st priority<ストラトス・フォー>

  STRIKE WICHES ~わたしにできること~

  STRIKE WICHES2 ~笑顔の魔法~

  ストライカーの飛翔(501再結成) ウィッチの斗い

   以上ストライクウィッチーズ

  LITTLE WING ~Spirit of LINDBERG~<ブレイブウィッチーズ>原曲もよく聴く

  When Johnny Comes Marching Home<ガルパン>アニソンではないと思う


 ・鉄道関連

  鉄道唱歌

  満鉄社歌 浪漫鉄道 鉄道精神の歌

  大いなる旅路


 ・映画・ドラマ・ゲームなどの曲

  Breaking The Sound Barrier<ライトスタッフ>

  地上の星 ヘッドライト・テールライト<NHK プロジェクトX>

  空のコトバ<NHK 列島縦断 鉄道乗りつくしの旅>

  パリは燃えているか<NHK 映像の世紀>

  No Doubt Ride On Time Depature pop70.<TBS GOOD LUCK!!>

  組曲サンダーバード 第7楽章<サンダーバード>

  baba yetu<Civ4>

  少年時代<ぼくのなつやすみ2>


・いろいろ

  惑星-木星(ホルスト)

  心の旅(チューリップ)

  岬めぐり(山本コウタローとウィークエンド)

  信濃の国(長野県民歌


音楽も本もつまみ食いです。気に入ったものを聴いたり、読んだりしています。 


・いったことある国

 日本(45都道府県)

 台湾<中華民国>(台北・高雄・台中・台東)

 アメリカ(ワシントンD.C.)

 イギリス(ロンドン) フランス(パリ・ベルサイユ) ポルトガル(リスボン・ロカ岬)

 チュニジア(チュニス)


・いったことない国 他多数 

・いきたい国・地域 樺太、キューバ、ロシア、北の国、チベット 



諸注意 画像の転載はおやめ下さい


(最終更新 2017/10/15 イェーガーが初めて音速を超えてから70周年の次の日)

スポンサーサイト

近況報告、のようなもの

こんにちは

実は引越ししました。少し緯度の高い地方にいます。涼しくていいですが夏はどうせ暑いです。

3月に色々乗り物乗ったのでブログ久しぶりに書こうかと思ってましたら6月です。
トップにJR何パーセント乗っているか載せているのですが、気づいていましたでしょうか。
これだけは地味に更新してて、今は59%です。あと数十キロ乗るとついに60%。
50%越えた!と喜んでいたあの日からもう数年も経っている気がします。100%は気の長い話ですね。
中国九州を攻めなくてはいけませんが難攻不落です。あの2地方は

最近の出来事を箇条書きします。
・常磐線で仙台(岩沼)から浪江まで行きました。-(1)
・常磐線で上野からいわきまで特急ひたちに乗りました。-(2)
・水郡線に乗りました。-(3)
・磐越東線に乗りました。-(4)
・磐越西線の郡山~喜多方間に乗りました。-(5)
・会津若松に2回行きました。-(6)
・喜多方に行きました。-(7)
・ばんえつ物語号に乗りました。-(7)
・仙台空港でDC-3を見ました。-(8)
・ブレイブウィッチーズのOVA(ペテルブルグ大戦略)を見ました。-(9)


(1)浪江まで行きました
18きっぷが1枚余っていたので、北から常磐線で行けるところまで行ってみました。
1枚余っていたのでという理由は自分でも不謹慎だと思うのですが、東北に住むからには知っておくべきだと思い行きました。
行ってから知ったのですが、浪江まで再開したのがつい数日前のことで、避難指示の解除と同時でした。原ノ町までは乗客が多かったのですが、そこから浪江までは一列車に3人だったと思います。
想像以上でしたので、実際に自分の目で見に行くことを強くお勧めします。
人が一人もいない街から見る花火というのは印象に残ります。


なお放射線量ですが、震災直後の新宿で観測された最大値が0.809μSv/h(平均値は0.109μSv/h)で、浪江駅前の現在の放射線量が0.28μSv/hなことを参考までに書いておきます。ご自身で判断ください。私は普通に行きました。(引用:大気中の放射線量/1日単位の測定結果(新宿))(福島県放射能測定マップ

今東京都のデータを引っ張り出してきましたが、調べても個人ブログばかり引っかかってやってられませんね。個人ブログはテッキト―なこと書いていることが往々にしてありますから、Fake Newsだと信じ込んで自分で信頼できるソースを見つけ判断する能力を身につけましょう。放射線と放射能の違いをまず混同していらっしゃる。
つまり、このブログで書いていることも適当な可能性がかなりあるから読者の皆さんも自分で調べて見てくださいという話です。


(2)いわきまで特急ひたちに乗りました
東京に行くのに新幹線乗るのも飽きるし高いので、在来線で帰ってみました。
正確には帰りなので、東京から帰るとき…ってややこしいことになりますね。
下りです。
東京から特急に乗り込み、福島県まで在来線の特急で今の時代でも行けることに感動を覚えていたらいつの間にか着いていました。震災前は仙台まで走っていたんだよなあ…と線路を見ながら、数か月前に浪江駅から東京(いわき)方面を見たことを思い出していました。

(3)水郡線に乗った
本当に昼寝路線だった。田植えシーズンなので、ぼんやりと田植えしてる農家さんを見ながら本読んでいました。

(4)磐越東線
(2)の続きです。いわきから郡山まで乗りとおしました。
車窓自体は普通なのですが、高規格で速いこと!最高速度100km/hでキハ110が爆走します。普通じゃなくて、急行走らせて乗ってみたい。ただ車窓は普通。

(5)磐越西線
実は2回行きました。
東北から会津鉄道やら東武乗り継いで帰った時に一回、喜多方までラーメン食べに一回。
磐梯山が見えれば面白いですけど、他は普通。
485系の快速が乗る前に消えてしまいましたが、E721系が導入されているので結構快適です。贅沢という言い方は失礼ですが、東北本線に701系が普通に走っているのを見ると、なかなか大盤振る舞いな気がします。あれも事情あるんでしょうけど。

(6)会津若松
2回行きました。どちらも時間がありませんでしたが十分な気がします。
1回目は鶴ヶ城に行って、天守閣に登って赤べこ買って帰りました。
城と言っていますが、博物館兼展望台という感じでした。城は素人なのでこんな感想です。城だけに
博物館の展示見て薄々と感じたのは会津の人はどうも郷土愛というか、会津は特別だ!というか…
なんでしょうね、あまり他では見ない気がします。戊辰戦争の際に会津藩は賊軍の汚名を着せられ、それのせいだとは思うのですが、誇りを感じます。県庁も福島にありますから無理もありません。

(7)喜多方
ラーメン食べました。安くて美味しいです。打倒都会の高くてごちゃごちゃ入れたラーメン。

(8)DC-3
尾輪式見れて良かったです。今も飛んでるのが奇跡みたいな話ですよね。

(9)大戦略
エイラがイケメンだった。


またね










テスト

Amazon プライムに登録しました。いいものです。

一番悩むのはこのタイトル

こんばんは

最後の更新が去年の8月ですから、半年ぶりの更新です。

更新の期間が開くと、だいたい皆さんこういった「~~ぶりの更新だ」という文章を書きます。正直どうでも良いですよね。飽きてきます。ただ、書く側からすると、こうしてだらだらと前置きを書いているうちに何書くかがまとまって来るものです。本当です。信じて下さい。

 

この辺りで良いでしょう。

半年更新が開いた訳は読者の皆さんは気にもしないでしょうし、知っている方はよく知っているので気が向いたから書きましょう。

どうせお前のことだからほっつき歩いてたんだろう?と言われそうですが、珍しくおとなしくしていました。夏に宗谷見に行ったくらい。

少し落ち着いたのでこれを書いているわけですが、行きたい場所が色々とあって悩みます。人生計画みたいのが自分にはありまして、X年で日本を一通り見た後、次のY年は海外。といった風に。

"計画"と書くと立派に見えますが、ようは単なる欲望です。旅行欲。

 

金も勇気も英語力もないから、日本旅行しかしないんだろう?と言われそうですね。確かにそうですが。

日本をロクに見ずに海外旅行し、満足している人は随分といるようですが、個人的にはどうかなあ?と思っています。

最近よく叫ばれる"グローバル"という言葉、これに似たような感じに思えるのです。

グローバルグローバルと恥ずかしくないのでしょうか。今の時代、グローバルは当たり前だと思うんですよね。それこそ島国根性です。グローバルを前面に押し出すような大学もありますが、自分としてはそんなもの自分で身に付けろと。(自分で身に着くかはともかく)

ちなみにこのグローバル批判は、私が小さい時に欧米かぶれだった反動もあります。今は中和されて程よくなっているはずです。

勘違いされると困りますので確実に書いておくと、グローバルは当たり前です。それを否定するつもりは全くありません。

 

で、旅行の話に戻すと、日本をよく見たうえで海外に行った方が楽しいと思うんですよね。比較というやつです。

昔、文理選択で文系に行っていたなら文化比較をやりたいと思っていました。

 

日本最高!!!というつもりは全くないですが、海外に出た時に日本の事を聞かれて、ここはあなたの国とこう違うんですよ。こういう良い点があって、悪い点はこういう事です。と説明できるくらいには見ておくべきです。

 

足場を固めずに建築するようなものです。負け惜しみにも聞こえるでしょうけど。

もう少し論理的な文章書けるようになりたいですねえ。こういうのは欧米の方が得意そうです。先に結論言って理由だらだら書くの最高です。

 

 

だらだらと書いてきましたが、私もいい加減海外に出たいと思います。偉そうに言っておきながら、結局海外行きたいのです。ひねくれてるんです。

日本は良くも悪くも田んぼと山ばかりです。

地方ローカル線からは畑で農作業するおじいさんおばあさんが必ず見られます。農業の行く先も気になるわけですが、どうにかなるでしょう。

どこ行きましょうかね

 

北国の血が多いので、北欧は特に惹かれます。

ナルヴィクとキルナの鉄道、ベルゲン急行、良いですね、行きたい。

ベルゲン急行に名前は似ているベルニナ急行、これはスイスですが気になります。

何かあるの?と聞かれると、うーん?と悩みますが、私の行く先はいつもそうです。

友人の言葉を借りると、鉄路がある限り行くのです。格好いいですねこれ。

 

こう鉄道の話ばかりしていると、お前飛行機オタク自称していなかったけ?と突っ込まれそうなのでそちらの話もしますと、ルフトハンザのJu-52、これはぜひ行きたい。

Ju-52ですよ?もう70年以上前の飛行機がお金払えば乗れるわけです。

こういう動態保存をするからルフトハンザは好きです。

日本は技術立国を自称しながら、どうも技術の保存は積極的でない気がしますから羨ましい。気候のせいもあるんでしょうね、多湿で山がち、広い土地の確保が難しいなどいろいろと問題はありそうです。

私が朝起きてビルゲイツになっていたら問題は解決するのですが。入れ替わらないものですかね。

 

そのJu-52ですが、ブレイブウィッチーズにもしっかり出ていましたね。

ブレイブウィッチーズの話だけは放送中にしようと思っていたのですが、気づけば終わっていました。

BD1巻買いましたよ。見比べるとOPからクオリチーが上がっていました。これです、これが見たかったんです。

 

 

と、一通り書きたいことが書き終わり、聴いていた鉄道唱歌も終点に着きましたのでここまでにします。

ではまた

地形図の話(日本最北・東・南の地形図)

こんちは

 

数年前(8年位前です)に地形図を初めて買って、少し自分の中で流行ったのですが、いつのまにかブームも終わっていました。

そして今年、神保町の三省堂に行く機会が多くなり、昔買ったなあ~と思いだす訳です。

少しは大人になりましたから、日本地理の知識量もかなり増えました。

せっかくだから買おうという事になり1枚、また1枚と何枚か買ったので、紹介っぽい事をしようと思います。

ちなみに全部1/25000

記事読みながら紙の地図で確認したいこともあるので、紙で手元に置いておきたいのもあります。

 

 

日本最北端・最南端・最東端シリーズ

 

NL-55-10-3-4 ラッキベキ岬 蘂取3号-4

日本最北端(政府が主張する領域として)のカモイワッカ岬が載っています。

日本最北端が宗谷岬かカモイワッカ岬かの難しい話は置いておいて、択捉島の地形図という事に価値があると思います。

北方領土入荷しました!とあって、ビックリして見てみると本当にあった訳です。択捉島の他にも、国後島、色丹島、歯舞群島もありました。

このカモイワッカ岬ですが、大正時代に日本陸軍が測量したデータがずっと使われてきたのですが、JAXAの人口衛星「だいち」の観測で100メートルほど南にあることが分かったそうです。もちろん択捉島に行って現地で測量は出来ませんから人工衛星に頼る何とも現代的な方法です。

そのせいもあってか、平成26年7月に第1刷発行と新しいです。

ちなみに、民家や工場等は描かれていません。もっとも、そもそも建造物がないと思いますから問題ありません。

色々書きましたが、日本最北端(政府が主張する領域として)、択捉島の地形図を手にしてみたい方は買ってはいかがでしょう。自慢してもスルーされること間違いなしです。

蘂取は「しべとろ」と読むそうです。

 

 

NG-54-18-11-2 南硫黄島

日本最南端の沖ノ鳥島と、日本最東端の南鳥島がどちらも載っている大変お買い得な地形図です。

所有欲を満たしてくれる手元に置いておきたい一枚!

沖ノ鳥島は1983年測量、南鳥島は1977年測量。

正直、沖ノ鳥島の地形図なんて誰が買うんだ・・・と発行する意味を疑いますが、国家としてのアピールがあるのでしょう。

理由はともかく、私としては沖ノ鳥島の地形図を持っている!と無駄な自慢が出来ますから助かります。ブログのネタにもなりますしね。

南鳥島に飛行場があります。海自さんなどがいます。

 

 

他に買ったもの

 

NJ-54-24-7-3磯浜 水戸7号-3

ガルパン観て大洗の地形図が欲しくなって買いました。

大洗磯前神社の例の階段、標高差20メートルあるんですね。

那珂川河口もちらりと載ってます。

 

NL-55-17-3-3 レブン沼 紗那3号-3

紗那で反応する方もいるのでしょうか。私は知りません。「シャナ」と読むそうですよ。

こちらもまた択捉島です。真珠湾攻撃へ向かう前の連合艦隊の集結地として有名な単冠湾が載っている地形図が欲しかったのですが、これしかなかったので買いました。単冠湾と言う表記はありません。

NL-55-10-3-4 ラッキベキ岬 蘂取3号-4もそうなんですが、この2枚は北方領土なので、「この地形図は、地球観測衛星の画像上で判読できた道路、建物等を表示したものであり、北方領土問題に関する我が国の立場にいかなる影響を与えるものではない」という注意書き?が載っています。

 

NG-54-17-12-3 硫黄島

遊びで買うものではないと思いますが、当時を知るにあたって必要と思い購入。

プロフィール

わさびソフト

Author:わさびソフト
飛行機や鉄道などが好きな男。
旅してる時が一番幸せです。
写真撮ったり、アニメ見たり、昔の時刻表眺めてます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。